SONYのスマートウォッチ SmartWatch3 SWR50 レビュー!入門用にベストチョイス!?

ソニーから発売されているスマートウォッチこと SmartWatch3 SWR50 が安くなってましたので購入しました。Apple Watch も素敵ですが、いかんせんお値段がさくっと買える額ではないので入門用の価格としてはSmartWatch3 SWR50が最適なのではないかなと。

それでは以下レビューとなります。

第一印象は思った以上に悪くない

パッケージに入ってる Sony SmartWatch3 SWR50

Apple Watch の上のほうのタイプが高級感としたらソニー側のスマートウォッチは実用的といったところでしょうか。外観もブラックタイプを購入したましたが非常に素直な感じの外観です。

逆にカシオっぽさがあるともいえるような感じなのですが、それは価格がというところでご勘弁といったところでしょうか。

パッケージもボックス型に入っており、開封する時おっ?となる感じでした。

問題の充電部分

問題の充電部分の背面部

いろいろなこのSonyのスマートウォッチレビューでも言われてる通り、充電が非常に非常につらいです。

これは設計的に致し方ないという感じがするのですが、背面の小さな差し込み口にマイクロUSBを差し込むのは大人の手ではつらいです。またスマートウォッチというまだ成熟してないバッテリー問題が残っており、少なくとも必ず1週間1回は充電しないともちません。

ハードに使用した場合はもちろん1日で充電しないとダメでしょう。

これは次回では確実に改善されることを期待していますが、安価になった今ではしょうがないかなという印象もあります。

ランニングで効果大!

スマートウォッチの最も効果が発揮すると思ってるのがランニング時での腕時計。このスマートウォッチにランニング系のソフトをインストールすればGPS機能つきなので記録してくれます。

つまり今までスマートフォンを携帯して走っていたのがこの腕時計だけで記録してくれるので、非常に楽になります。

私はまだ試していませんが、音楽を聞きながらもいけるようなので音楽を聞きながらランニングしてる人もこのソニーもスマートウォッチ一本で事足りるようになるのではと思います。

ランニングの記録も時間と走ったところをしっかり記録しており、特に問題ありませんでした。

ソフトウェアはまだ発展途上

スマートフォン側のソフトウェアは結構成熟していますが、まだまだスマートウォッチ側のOSは厳しいかなという印象があります。

先日Android Wearがアップデートしましたが、この機種はさすがに対象に入っていませんでした。(パワー的にも厳しいのかなと思います)

スマートウォッチ側のソフトとしては時計の文字盤アプリや音楽、ランニングアプリを入れました。それ以外もマップもあったりしますが、スマートフォンの大画面のほうがいいですね。

お試し、はじめての方には最適な価格

ソニー(SONY) SmartWatch (スマートウォッチ) 3 Bluetooth4.0 リストバンド型活動量計 SWR50-Bで1万円台で購入出来るようになってますのでお試しにはいい価格かもしれません。

最新のスマートウォッチを体験したい人は別のメーカーしか選択肢しかありませんので、SONYにこだわりがない人は別のスマートウォッチのほうがおすすめかもです。

ランニングするだけならあとは充電のしやすさが改善されればこのお値段でだすとかなりヒットするのかなーと思ったりしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です